FC2ブログ

記事一覧

ROCCAT ALUMIC ゲーミングマウスパッド ROC-13-400-AS ←買ったった

ROCCAT ALUMIC ゲーミングマウスパッド ROC-13-400-ASROCCAT ALUMIC ゲーミングマウスパッド ROC-13-400-AS
(2011/04/14)
ROCCAT

商品詳細を見る
以前使っていたマウスパッドに比べて裏の黒い面はざらつきが多く、ストッピングが強いが、表の面はざらつきが少なく、良く滑る。
手首を軸にAIMしている人には面白い付属品も。


続きは追記へ
と言うわけでね、買ってしまいましたよ。

鉄板のように硬く、そして両面にそれぞれ違うサーフェスを備えた面白いマウスパッドです。

購入したお店は勿論ゲーミングデバイスで有名なarkさん。

やっぱり直接触りたいしね。

と言うわけで詳細をば。



なんてことは無いんですが、以前から言っていたようにマウスパッドがはげていたのでその購入に。

目的としては、「よく滑り」「ざらつきが少なく」「頑丈」なマウスパッドを買うこと。

何かあるたびにマウスパッドを買い換えてたら、今のペースだと出費が洒落にならんのです。

てな訳で店頭にて。



まずは自分でもマウスパッドを探してみることに。

滑るのは→プラスチックのマウスパッドと言う情報は事前に入手済み。

とりあえず、布のマウスパッドとプラスチックのマウスパッドを比較しつつ絞込みへ。
余談ですが布製のマウスパッドのほうがザラつきは少ないようですね。

そしてある程度まとめている段階で今回のマウスパッドに出逢いました。

カッコイイし、すべりも悪くない。
そして鈍器にもなりそうだ。

ベースとなる中核が金属なので頑丈さは他のプラよりも高そうです、ぱっと見ね。




一応、候補に加えつつ今度は店員さんに相談。


店員さんの中で最も滑るマウスパッドを見せてもらうことに。

やはりと言うか、場数が違うというか、店員さんは迷わず「使ったことのある」マウスパッドを5枚近く提示しました。
家電量販店だと、こうはいかないです、本当に。

使ったことのあるだけに信頼も高いですし、現品をその場で使わせてくれるので納得できます。

しかし、その中のマウスパッドは少しざらつきが強かったり、ストッピングが強すぎたりと、少しばかり迷走。

結局回りまわって店員さんに色々話を聞いて、今回のマウスパッドを購入することとなりました。

いや本当に、他の店だとこうはいかないもんね。

arkの店員さん本当にありがとうございました。




今回購入したマウスパッドは既に昨日利用したんですが、まだまだ滑りに慣れてない感じで低スコアを連発。

しかし、悪くない部分も多く実感できるので、これから少しずつ合わせていきたいと思います。

今回はここら辺で ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

etces

Author:etces
GamePC
Windows10 Pro 64Bit
CPU 
◆Core i7-8750H
cooler
◆GXT278 Notebook Cooling Stand
M/B
◆HM370
RAM
◆16GB
VGA
◆GeForce GTX1060 6GB(Mobile)
SSD
◆MX500 CT1000MX500SSD1JP
case
◆GALLERIA GCF1060GF-E
mouse
◆logicool G502 Tunable Gaming Mouse
◆artisan 紫電改
keybord
◆CORSAIR K70
sound
◆(OUT)ROCCAT SCORE
◆(IN)SHURE WH20XLR
◆(INT)ZOOM UAC-2

TestPC
Windows10 Pro 64bit
CPU
◆4770k
cooler
◆リテール
M/B
◆Z97 Extreme4
RAM
◆Kingston(8GB)
VGA
◆ZOTAC ZT-P10510A-10L
SSD
◆Western Digital
WD Black NVMe WDS500G2X0C
HDD
◆Seagate
ST8000DM004WD30EURX(2台)
case
◆CoolerMaster Elite 361
mouse
◆Logicool G300
keybord
◆Roccat ARVO
sound
◆Sony XBA-H3

Game
Overwatch

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


全記事表示リンク