FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスクを新調しました

年末に引っ越しとなりましたのでPCデスクを新調いたしました。

多少部屋が手狭になりますので、サイズとかを少し小さくした形ですね。
ちなみに以前使っていたデスクはこちら。

不二貿易 ガラスパソコンデスク


良かった点
・L字なので2台のPCを体の向きを変えるだけで操作できる
・L字の真ん中に脚がないので左右のアクセスが楽
・収納可能なキーボード用トレイがあることで、スペースが稼げて取り出しがすごい楽
→長時間座ってる場合には複数の機器、場面に対応できるというL字デスクの利便性に2万円未満の
廉価帯から触れることができました。
キーボード用引き出しトレイもあるだけですごい楽でした。

惜しかった点
・脚が弱いのでマウスを振る際に机が揺れてしまいゲームなどで使用する分には不十分でした
・ガラス面と木面の継ぎ目がきれいに並ばず実際には木製天板-ガラス天板-木製天板となってしまい
マウスパッドを広げる際には場所が限られてしまった
・奥行60㎝が意外と狭かった
→ゲームをする際に自身の中でやりたいことがどんどん出てくる良い商品でした。
40インチのモニタを乗せても1年以上問題なかったですし耐荷重という面では良かったのかもしれません。
あとは記載の通り、天板上で発生した揺れには弱かったのでそこを克服したものが欲しくなりました。

2PC配信などをしている人についてはPCゲームをしている状態でもう一台のPCにアクセスできる、というのはかなり便利になると思われます。
特にヘッドセットなどを装着している人は長いデスクは椅子を動かす必要があったり
ケーブルの長さに気を使う必要がありちょっと不便に感じる部分があります。
設置場所が正方形になる都合上、部屋にも設置の可否がありますのでそもそも置けるかどうかから
始まりますがその辺をクリアできているのであればL字デスクは本当にお勧めです。

そこで、ある程度揺れに対して強そうで、可能であればモニターアームを装着できそうな
強度のある天板を持ったデスクを買おうと思いました。
しかし2台のPCを並べて置けるデスクはそこそこ大きなデスクになります。
奥行も60㎝で足りないことも分かりましたので、置きたいもののサイズから奥行を80㎝程度で
検討します。

そうすると、必然的に選べるデスクはこの辺のものに絞られます。

多目的パソコンデスク 奥行ワイドで広々大きいサイズ 平机 木目調 オフィス ワーク PC [幅180]

大きいですし、金額も2万円未満とすごいリーズナブル。
パソコンデスクと謳っているだけあってケーブルを通すところもありますし、機能性は十分かと。
脚の部分もパイプ型から幕板付きのパネル脚になりましたので天板上の揺れには強いです。
もう一つはここです。

こっちはお高めですが、LOWYAのものと比べて耐荷重が40kgから80kgに倍増しています。
細かい仕様として天板の厚みが2.5mm→2.8mmとなっているのと、天板硬度が7Hと
相当頑丈になっております。
各種接合部分が独自になっており、純粋に頑丈さで言えばこちらに分があります。

また、独自の接合部分は着脱が容易になっているので組み立ても楽です。
微妙に接合部分が浮いているので、ちょっとしたケーブルを通せるのも良いですね。

上記内容から、天板の広さを考えて耐荷重を重視してfantoniにしました。
これを頼む際に有償で組み立てを依頼できるのですが、一人暮らしにはありがたいですね。

デスクも一回買ったら長期間にわたって使うことになりますし、特に今回買ったものは
横幅の大きいデスクですから、天板にかかる負荷と歪みの可能性とかも考えると多少なりとも
硬いほうが良いかと思いまして。


購入してすぐのレビューのためあまりあてになりませんが、こちらの机はやはり揺れに対して
相当強いですね。
今までのデスクの場合、ゲームしている最中などにマウスを振ったりすると同じく乗っていた
大きめのモニターが揺れたりすることがございましたが、この机ではありませんでした。
むしろ意図的に揺らそうとしてもあまり揺れませんでした。
横方向に大きく揺すればなんとか揺すれますが奥方向に関してはそもそもほぼ揺すれません。

また、天板も横幅が2m近くになるにもかかわらず真ん中に体重をかけてもたわみませんでした。
すげぇ頑丈(こなみ)。

そんでもって、持っていたL字デスクと比べての所感ですが下記のような感じです。
・PC2台を置く場合、同時にアクセスはほぼ無理
→やはりちょっと椅子を動かす必要があります。
・キーボード用の引き出しトレイが欲しかった
→天板裏のところにL字型用連結デスク装着用のネジ穴があるので自作する方法もありですが
そこでL字デスク化してしまうのもありですね、迷いどころです。
・流石イタリアデザイン、高さ72㎝はでかいわ
→やっぱり使用してみて65㎝位がちょうどいいのかと思いましたね。
キーボードトレイがつけばそっちは65㎝位になるのでやはりトレイが欲しかったなぁとしみじみ。

・奥行80㎝はかなり便利
→画面を開きながらキーボードを並べて書類や資料を手元においておけるのですごく作業が捗ります。
1PCのみの使用ではない場合やデバイス類が多い場合はお勧めです。
あとちょっとしたことですが天板下も同じく広くなっているので足をゆったり伸ばせるのはいいですね。
・すげぇ頑丈
→上記の通り。
・部屋を選ばない没個性的な形状なので部屋のレイアウトを問わないのはGood
→8畳ほどの部屋にこの机とベッドを置いてますが、置き場所を考えればL字デスクのように
頭を悩ませる必要がないのがいいですね。
・パイプ脚からの変更なので配線の大きな変更がネック
→頑丈さを求めてパネル脚にしましたがケーブルを通す隙間はほとんどないのでPC-モニタ間がすごいことに。
アクセサリのホルダーの購入を検討してもいいかもしれません、というレベルですね。

買ってすぐなのでまだまだいろんな欲求が出てくるかと思います。
また何か気づいた点があったら書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

etces

Author:etces
GamePC
Windows10 Pro 64Bit
CPU 
◆Core i7-8750H
cooler
◆GXT278 Notebook Cooling Stand
M/B
◆HM370
RAM
◆16GB
VGA
◆GeForce GTX1060 6GB(Mobile)
SSD
◆MX500 CT1000MX500SSD1JP
case
◆GALLERIA GCF1060GF-E
mouse
◆logicool G502 Tunable Gaming Mouse
◆artisan 紫電改
keybord
◆CORSAIR K70
sound
◆(OUT)ROCCAT SCORE
◆(IN)SHURE WH20XLR
◆(INT)ZOOM UAC-2

TestPC
Windows10 Pro 64bit
CPU
◆4770k
cooler
◆リテール
M/B
◆Z97 Extreme4
RAM
◆Kingston(8GB)
VGA
◆ZOTAC ZT-P10510A-10L
SSD
◆Western Digital
WD Black NVMe WDS500G2X0C
HDD
◆Seagate
ST8000DM004WD30EURX(2台)
case
◆CoolerMaster Elite 361
mouse
◆Logicool G300
keybord
◆Roccat ARVO
sound
◆Sony XBA-H3

Game
Overwatch

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。